このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
Pocket

■結婚の出会い「29.3%」はどこだと思いますか?

結婚のきっかけの『29.3』%

 

 

実はこの数字、社内恋愛で結婚したカップルの割合です。

 

2010年厚生労働省の外郭団体が毎年行っている調査の中に、
発表されています「出会いのきっかけ、結婚のきっかけ」
という調査項目があります。

 

「出会いのきっかけ、結婚のきっかけ」
それによると、厚生労働省直近のデータの2010年調査では、

 

 

トップは『友人・兄弟を通じて』の29.7%。
『職場や仕事』で結婚したカップルは29.3%が
僅差ですが2位です。

 

多いと思っていた3位の『学校での出会い』の11.9%
を大きく上回っています。

 

4位が『サークル・クラブ、習い事』の5.5%

5位が『お見合い結婚』では、5.2%と低くなっていますが、
1982年調査の『お見合い結婚』は、29.4%と2010年の
『職場や仕事』での社内恋愛での数字とほぼ同じでした。

 

この数字を見ると、『職場や仕事』の社内恋愛を経験した
女性の比率が6割を超えるというのも納得できるのでは
ないでしょうか?

 

その他は、『街なかや旅先で』では5.1%、
『アルバイト先』で4.2%、
『幼じみ・隣人』で2.4%でした。

 

職場、友人や兄弟、学校を通じた出会いが7割を占める
夫妻が知り合ったきっかけについて見ると、
『友人・兄弟姉妹を通じて』、『職場や仕事で』がともに
29%台で拮抗している。

 

次いで『学校で』の出会いが11.9%となっている。
これら上位三つのきっかけが全体の約7割を占め、
これまで同様に日常的な場での出会いが多数を占めている。

 

夫妻が最終的に結婚を決めたきっかけの2010年調査結果では、

1位は「年齢が適当な時期だと感じた:48.3%

2位は「できるだけ早く一緒に暮らしたかった」:23.9%

3位は「子供が出来た」20.2%

 

との結果でした。

 

 

結婚は年齢やタイミングなどで結婚を決めることが
約50%、次に同棲、半同棲ではなく、正式に結婚を
決める割合が2位となっています。

 

3位が意外と割合が多いのが「子供できた」デキ婚です。

 

 

『友人・兄弟を通じて』『職場や仕事』の結婚のきっかけは
全てが美男美女ではないようです。

 

男性は女性をルックスで好きになる傾向が強いですが、
女性は男性ほどルックスで相手を好きになりません。

 

ゆっくりと時間をかけて接する中で
相手の人間性などの内面に触れて好きになる生き物です。

 

好むかどうかは別として、女性は『職場や仕事』の
社内恋愛に発展しやすい習性を持っているのです。

 

これは、社内に気になる女性がいる男性にとっては
願ってもないチャンスですよね!?

 

また、『職場や仕事』にはデメリットも存在します。

それは、「周囲のうわさ」「振られた時」「別れた後」
などです。その時の噂が逆にデメリットであり、
躊躇していまう原因になっています。

 

たとえば、合コンや友達の紹介では振られたら
顔を合わすこともありませんが、

 

社内の場合は嫌でも顔を合わせるので、
気まずい思いをすることになります。

 

当然、社内の女性の情報網にも噂にもなります。
つまり、上手くいかなかった場合は、
他の出会いよりも傷が大きくなるのがデメリットです。

 

ただし、『頑張ってアプローチしたのにダメだった・・』
こういう男性には、ある共通の失敗原因があって、
これを取り除くと成功率が大きくアップするようです。

 

共通する失敗原因とは・・?

>> 恋愛プロの高確率な社内恋愛成功法はこちら

 

◎——————–メルマガ紹介———————–◎

※ 健康・美容・食生活・運動の見直しメルマガはこちら
http://goo.gl/UxvsqD

◎——————————————————–◎

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存