このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
Pocket

妊婦は大変!奥様を気持ちを摩って手伝って。

妊娠初期のつわりは大変なものです。

話しかけてもつわりがひどくて話が聞けない

体を横にしてもお腹よりは吐き気が治らない。

 マタニティセラピストへの道w600h260

 

 

妊娠中は薬を飲んで和らげることができない。

大変な思いをして10月10日 (とつきとうか)

安定期に入るまでが大変です。

出産の時の痛みより喜びの方が大きいのです。

 

炊飯器の湯気で吐き気を模様したり、酸っぱいものが

欲しがったりと食も変われば、好みや考え方も変わります。

女性ならの体型になります。曲線のフォルムが綺麗に描きます。

妊婦の奥様の気持ちを分かってあげてください。

元気で可愛い赤ちゃんを産むためと産後健康でいられるためにも

 

元気な赤ちゃんが生まれてくるために、

そして大切な奥様が産後元気でいられるために、

1つだけ質問させて下さい。

 

Q:赤ちゃんが無事元気に生まれてくる為に

  1番大切な事は何かご存知でしょうか?

 

分かりますか?

 

A答えは、「 妊婦である奥さまにストレスを与えずに

      常にリラックスしていてもらう事 」です。

 

 

ストレスを感じ続けるとどうなるかご存知ですか?

 

お腹の赤ちゃんはまともに母体の影響を受けます。

 

 

 

妊娠後に流産する確率はご存じでしょうか?

妊娠後の流産の確率は15%と言われています。

その15%流産の危険を避けるために、

安産で出産ためには妊婦さんの事を知ってください。

 

 

その中でも早期の流産が多いのは妊娠12週未満で染色体異常という 赤ちゃんに問題があるものです。 安定期に入ったから安心ではなく、別な流産の危険性もあります。 妊娠12週~22週(妊娠3カ月~5ヵ月)の中期流産に関しては そのほとんどが母体側に問題があります。

 

その問題として挙げられるのが、

 

・子宮筋腫

 

・マタニティスポーツです。

 

 

子宮筋腫の原因は、ホルモンバランスによるものが例として挙げられます。

そのホルモンバランスが崩れる原因は、食習慣やストレスが殆どです。

 

 

それと、マタニティスポーツというのは、 今まで運動していなかった人が急に激しい運動をしたり、 無理な体勢で長時間いたりすると、 おなかが張り子宮が収縮して陣痛が起きてしまう事です。

 

好きでスポーツするだけではなく、 仕事や家庭環境で無理な体勢を余儀なくされたりする事も入ります。

 

結局これも、無理な母体へのストレスを与える事によって 起きてしまう症状なのです。

 

 

しかし、いまの現社会において、 ストレスを感じずに生きる事はほぼ不可能です。

 

でも、あなたの願いは 「母子ともに元気で赤ちゃんが生まれてくる事」だと思います。

 

 

 

それではどうしたら良いのでしょうか?

それはご主人で、近い将来のパパである「 あなた」が何とかしなければいけません。

 

あなたが、大切な奥様に「ある事を」 してあげてストレスを解消させて、

癒してあげる事が大事なのです。

 

 

そのある事とは決して難しい事ではありません。

お仕事から帰ってからでも良いですし、

お仕事のお休みのときだけでも構いません。

 

これを実践してあげて今しかできない

「ご主人の愛情」をたっぷり注いであげてください。

 マタニティセラピストへの道w480

 

 

このサイトは、マタニティセラピー講師の佐々木よしえさんの

ご主人のマタニティセラピストへの道!妊婦の気持ちを摩って!

元気な赤ちゃんが生まれてくるためと大切な奥さまが

元気でいられるための評価や検証などの情報を公開しています。

 

 

ご主人の愛情は「マタニティセラピー」です。

 

元気な赤ちゃんを産む為に、妊婦さんにとっての天敵は「ストレス」です。

 

ただ、現代社会においてストレスを感じずに生活をする事は皆無に等しいです。

 

その「マタニティセラピー」とはこちらです。

→ >> http://maternity-therapy.com/

 マタニティセラピスト250